最新消息
 
  新聞專區
 
 
  10倍高速化、新通信衛星開発へ…海外市場狙い  
  讀賣新聞  
   政府は2016年度、宇宙からインターネットなど大容量の高速通信を可能にする通信衛星の開発に着手する。

 欧米に比べて後れを取っている衛星市場で、日本の技術力を生かし国際競争力を高めるのが狙いだ。総事業費は文部科学省と総務省で総額300億~400億円を見込んでいる。

 新しい通信衛星は、1秒あたり100メガ・ビットの通信速度を目標とし、現在の国産衛星の10倍、海外衛星の2倍近い速度となる。実現には、衛星に載せる太陽光電池パネルや蓄電池の技術革新が必要で、衛星の姿勢制御などに使う液体燃料をすべて電気に切り替えて軽量化し、衛星の製造と打ち上げの経費を減らす計画だ。新衛星の開発は、宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))や、今後政府が公募する国内企業が担う。
 
  【返回】  
美國遊學|海外打工|打工遊學|澳洲打工渡假|商用英語|英文課程|英文教學|英語補習班|英語課程|空壓機|乾燥機|發電機|高壓清洗機|生命禮儀|葬儀公司|輕鋼架|PCB Assembly|鋁門窗|近視雷射|近視矯正|雷射近視|台北眼科|抽化糞池|馬桶不通|水管不通
  Copyright © 2010 Association for Taiwan-Japan Cooperation on Industrial Technology, TJCIT
  Number of Viewer:2,823,875
  Design by OZCHAMPWeb Design